| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さよならはしたけれど・・・

ゴン太とお別れして4年という年月が長かったのか短かったのか
自分でもよく分からない。
ゴン太を亡くした悲しみはずっとかわることはない。

・・・けれど、直後の胸が張り裂けそうな痛みは、普段はオブラートに
包まれているみたいになって薄まっている。
ときどき、オブラートの膜が破けて、ど~っと想いが溢れるときがある。

それでも悲しい涙は、すぐに「ありがとう」という暖かい想いに変わる。

「私のところに来てくれてありがとう」
「愛してくれてありがとう」

    ゴン太に対しては、ありがとうの言葉しかない。

だから今日は、幸せな写真を・・・。

連れあいと私の結婚式で、私の姉にリードを持ってもらって歩くゴン太。
式を挙げた教会から、乾杯をするためのホールに移動しているところ。




乾杯のときのゴン太。

20140702-3.jpg


最後は、個人的にお気に入りの1枚。
ドレス姿で、ゴン太に「待て!」のコマンドを示す私。

20140702-2.jpg


この日のゴン太の写真は、他の写真も含めてとっても嬉しそうで
私たちの結婚をゴン太もきっと喜んでくれてたんだなぁ~と。

ゴン太・・・やっぱり「ありがとう」ね。
さよならはしたけれど、これからもずっと一緒。


家族を待っている犬たちがいます
犬の里親探し Smile dog
わんわんルーム
春よ来い[犬・里親募集in山梨]

ちばわん
しっぽまきまき

ランキングに参加してみました 
っと
スポンサーサイト

| ゴン太 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夢のような夢

ゴン太の夢を見た。

歩いているゴン太の背中に後ろから「ゴン太~」って抱きついたら
振り返ったゴンが白っぽい黒っぽい毛が多くなったおじいちゃんで
ちょっと驚いた。

おまけにゴン太は「う~」ってヒデ丸みたいに唸ったし。

20140203-1.jpg


私は最初に家族になった犬のポチが18年と9ヶ月一緒だったので
ゴン太は20年一緒にいられると思っていた。
全く何の根拠もないんだけど、勝手にそう信じていた。

ゴンがおじいちゃんになって、よぼよぼになっても、カートに乗せて
一緒にお散歩に出掛けて、そうしてポチのように老衰で亡くなるんだと
思っていたのだ。

20140203-2.jpg


夢の中でおじいちゃんゴン太を見てびっくりしたけど、ずっと思っていた
「たとえ年をとってもずっと一緒」ということを思い出して
「どんな風であってもゴン太はゴン太」と夢の中で納得していた。

私の予定していた年月の半分の10年で逝ってしまったゴン太。
13歳のゴンは、どんなだったろうね。





家族を待っている犬たちがいます
犬の里親探し Smile dog
わんわんルーム
春よ来い[犬・里親募集in山梨]

ちばわん
しっぽまきまき

ランキングに参加してみました 
っと

| ゴン太 | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思い入れ

さて、これは何でしょう?




正解は・・・お腹にファスナーがあって、そこに水を入れて凍らせた
ペットボトルを入れて涼をとる犬用グッズ。

名前が・・・

20130811-2.jpg


まりもと寝るゴン太。

20130811-3.jpg


普段は空のペットボトルを入れてあるので、まりももヒデ丸も
くわえてペコペコと遊んでいる。
おかげで耳は取れかけ、背中は破れ始めてしまったゴン太。

私の宝物のゴン太とは、全く似ていないわんこだけど
名前だけが同じってだけなんだけど・・・

やっぱり「ゴン太」って名前には、特別な思い入れがあるんだなぁ。



家族を待っている犬たちがいます
犬の里親探し Smile dog
わんわんルーム
春よ来い[犬・里親募集in山梨]

ちばわん
しっぽまきまき

ランキングに参加してみました 
っと

| ゴン太 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すべては・・・

去年の今頃、体調の良くないくぅは通院して輸液をしてもらっていた。
くぅを撫でながら…小さな体に液が入っていくのを見ながら
獣医さんといろんな話をしていた。

ゴン太が亡くなって少ししてから病院を替えたので
今お世話になっている先生は、ゴン太のことを直接は知らない。

前立腺にできた腫瘍が尿管を圧迫して、排泄が出来なくなってしまった
ゴン太が、膀胱にチューブを通して尿を注射器で抜く手術を受けたことを
話したとき、先生は「それはとても日本的な手術なんですよ」と言った。

言われた瞬間、私は「ああ、そうなのか」と腑に落ちた感じがした。
「ゴン太の時間はあのときもうあまりなかったんだ。そういう
状態だったんだ」と納得した気持ちになったのだ。

つまり・・・安楽死を考える状態だった・・・ということ。


とにかく排泄させたい一心で手術をして、これで大丈夫と思っていたのは
私が無知だったからで、とりあえずの処置に過ぎなかったんだと。

手術前に同じことを言われたら、手術をしただろうか。

今更考えても仕方ないことだけど、でもやっぱり私はゴン太がすっきり
おしっこを出す姿を見たかったんだ。そのすっきりも長くは続かなかったけど
ゴン太も嬉しそうだったもの。

ゴン太はゴン太の時間をしっかり終えて、お空へのぼっていった。
今はそう思っている。



(ブログのトップ画像と同じときに撮った別バージョン写真)


ゴン太が私のところへ来てくれなかったら、きっと今の私はいない。
くぅもまりももヒデ丸も、家族になることはなかっただろう。

全てはゴン太がいてくれたから。

20130701-2.jpg


ゴン太が育ててくれた可愛い妹たち、実家の猫のきららとももは
今日が11歳の誕生日。

20130701-3.jpg

20130701-4.jpg


ね、やっぱり全てはゴン太がいてくれたから・・・。

                 今日はコメント欄を閉じています

家族を待っている犬たちがいます
犬の里親探し Smile dog
わんわんルーム
春よ来い[犬・里親募集in山梨]

ちばわん
しっぽまきまき

ランキングに参加してみました 
っと

| ゴン太 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬好き?

私は小さい頃から動物が好きで、犬が大好きだった。
そんな犬好きを自認する私に、あるとき連れあいはこう言った。

「犬好きって言うより、ゴン太好きなんだよね」

犬が好きならどの犬に対しても「可愛い~」と反応するはずなのに
私が見ているのはゴン太だけ。
だから「犬好きには違いないけど、ゴン太が好きなんだよね」とのこと。
(この会話を連れあいとしたときは、ゴン太が一人っ子だったとき)


そんな大好きで大切なゴン太のことを想わない日はなく…。




自分の体の中にぽっかり欠けてしまったところがある感覚も
ずっとなくならず…。

20120701-1.jpg


それでも時間は止まることなく過ぎていき、3回忌を迎えてしまった。

20120701-4.jpg


私にとってゴン太は、犬ではない特別な存在だった。
私はやっぱり犬が好きだし、ゴン太が好き。


20120701-2.jpg


上の写真をもとにオーダーメイドしたゴン太の腕時計。
3年前の私の誕生日に連れあいがプレゼントしてくれたもの。

20120701-5.jpg

これからもずっと一緒に時を刻んでいくから。



家族を待っている犬たちがいます
犬の里親探し Smile dog
わんわんルーム
春よ来い[犬・里親募集in山梨]
わんこの一時預かり

ちばわん
しっぽまきまき

ランキングに参加してみました 
っと



拍手コメント、いつもありがとうございます

| ゴン太 | | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。